越知めぐり

高知県越知町 / 第22期緑のふるさと協力隊 / 神奈川県出身

ミシマサイコのつながり

 

 

越知を離れて2回目の夏がやって来ました。

ご無沙汰しております。

最近久しぶりにこの単語を聞いたので、

記録しておきます。

 

 

 f:id:megmegochi:20170718102415j:image

(越知で好きな景色・生姜畑とサイコ畑)

 

 

◎植物学としてのミシマサイコ

 

先日、ミシマサイコについて調べることがありました。

というのも、職場の近くが「柴胡(サイコ)の原」だったというから。

 

 

ある記録によると13里、今で言う5kmもの間ミシマサイコが植わってたことになる。

あの可愛らしい黄色い花が5kmも咲いていたのなら、なんとも美しかったんだろうな〜。

 

 

自生だか栽培だか分からないのだけれども、

1830年頃 たくさんあったミシマサイコも今では神奈川県のレッドデータブックでは絶滅危惧IA類に指定されている。

 

 

絶滅危惧IA類というのは

「ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いもの」

というほど自生してるものは、かなり貴重!!

 

 

ほうほう。

越知町でミシマサイコ栽培されてるみなさん

ご存知でしたか?

漢方使わないから関係ないと思っていませんかね。

植物学から見るとこんな側面もあるので、

ぜひ関心を持ってもらいたいな〜と思って

久しぶりにブログを更新しております。

 

 

 

 

◎新聞の掲載記事を見て

 

それと、ミシマサイコのつながりがもう1つ。

これを調べ始めた数日後、

新聞に記事が載ってたよと報告が。

全国紙ですよ!

 

http://www.asahi.com/sp/articles/ASK7G5D0SK7GUCLV00W.html

(引用:朝日新聞)

 

中国産の価格が高騰してること、

漢方の国内需要が増えてきてることなどの

理由から国内での栽培が拡大してるとのこと。

越知でも生産規模が拡大してるのかな〜

 

 

f:id:megmegochi:20170718100846j:image

 

 

協力隊の頃お世話になった生姜とミシマサイコを生産する農家さんから、こんな話を聞いたことがあった。

 

・連作を好まない生姜と畑を交換しながら栽培する人が多い。

・生姜の繁忙期と重ならない。

 

だから越知で育てやすいのかなーと思ったり。

成長も遅く、雑草に弱い。種の収穫と根の収穫が別のため手間はかかるけど

こうやって求められる農業はあり続けてほしい。

 

 

 

そんなこんなでミシマサイコとつながった、

数日でした。

実際あまり理解せずに手伝いさせてもらってたなーと反省して、

もう少し調べてみようと思う。

 

 

 

 

 

 さて、夏が始まる!!