越知めぐり

高知県越知町 / 第22期緑のふるさと協力隊 / 神奈川県出身

お盆のお休み




お盆も越知で過ごしております




8/13〜16はお盆で山椒の出荷先がお休みのため、山椒の手伝いはおやすみ。




やっと、できた。
家のちいさなちいさな畑の草引き


これさえもようようやってるから、
百姓は向いてないんだろうな〜…(笑)


f:id:megmegochi:20150814134807j:image
荒れてる…(。-_-。)


家の屋根裏にあった蜂は、
お隣さんはじめ、役場や集落の方々にお力を借り
ようやく蜂がいなくなったっぽい






f:id:megmegochi:20150814134813j:image

そしてお昼は少し足を伸ばして、
気になってた隣町の公園
って言っても川の向こうは越知町という町境の集落です


いや〜、見晴らしが良すぎる。
仁淀川のカーブの入江のさらに山の上
集落の中にあるちいさな公園です



地元の方手作りの公園「花里公園」
小屋があったり、見晴らし台があったり、炊事場があったり、ピザ釜があったり…
石をふんだんに使って花時計や模様を描いてました
見晴しカウンターもいくつもあって、いや〜良かった!



手作りの公園って、田舎あるある。
公共の公園は食べる・休むことにあまり重点を置いてない気がするから、こういうハンドメイドの公園はワクワクする。
庭の延長であったり、集落の集いの場であったりしたら面白いなぁ


都会で住民とワークショップしてピザ釜を作ることになって、設計者が一生懸命図面引いて施工しても、こういう自発的に作ってるとこには気持ちも利用の頻度も違う気がする

都会にはない発想だな〜




大学で勉強してた設計の知識は職にするには全然十分じゃないけど、
一人前になるまでのプロセス。
今もそう。


一見全く関係ないことでも自分の中ではパーツパーツを拾っていって、どっかで生かしていく。

と、思ってる(笑)






f:id:megmegochi:20150814224052j:image


そして、
協力隊の同期について触れることはあまりないけどここで少し…


全国にいる緑のふるさと協力隊の同期が次々と辞めていってます。
22期は30人で始まり、4ヶ月で早くも4人が辞めました。
全国にいる訳で日常的に関わりはないけど
4月の研修に始まり、9月の中間研修、3月の総括研修と節目に東京で会うことがあります。

人それぞれだけど、会社辞めてきたり学校休学してきたり東京が嫌になったり、ただただ田舎に行きたい好奇心で来た人もいる。

仲間とか同期とか居なくなるとやっぱり寂しい感じがしますね。


中間研修まであと3週間。
もう少し頑張ろうー